治療中に漢方を飲む

治療中に漢方を飲む

治療中に漢方を飲む れいしを病気の治療中に飲むことの安全性は、どのような病気であるかで異なります。日本では臨床試験が進んでいないものの、中国では病状の改善に効果があることも確認されています。しかし、3~6か月の長期使用を行ったときにめまいや口の渇き、鼻水や鼻血などの副作用が報告されていることから、病気の治療中にれいしを飲むのであれば3か月以内に抑えておくと良いでしょう。
また、単体ではそれほど危険性がない成分であっても、薬を服用しているとその効果を促進させるなど悪影響が出ることがあるので注意が必要です。例えば抗血液凝固作用があるとされているため、同じ作用の薬を服用していると出血しやすくなります。降圧剤を使っているときも血圧が下がり過ぎて低血圧になる危険性があります。病気に良いという口コミもありますが、何も考えずに利用すると思わぬ副作用が出てしまうことがあるため、病気の人は医師に相談して安全性を確認してから利用しましょう。

霊芝(れいし)サプリと薬の併用は注意が必要

霊芝(れいし)サプリと薬の併用は注意が必要 れいしといえば、中国の漢方薬などでおなじみの存在であり、日本でも万年茸という名前とともに、サプリメントやドリンク剤、お茶などの健康食品によく含まれている成分として有名です。このように昔から親しまれている存在でもあり、基本的には副作用のリスクなども低くて安全なものですが、れいしを服用する場合、一つ注意しておきたことがあります。
それが他の医薬品との併用ということです。普通にれいしだけを摂取している分には問題ないのですが、他のものとの併用では問題が生じるケースもあります。まずその成分の特徴として抗血液凝固作用があるので、抗血小板および抗血液凝固作用のある別のものを併用してしまうと、出血傾向が高まるリスクがあります。また血圧低下作用のあるものとの併用では、低血圧に陥る可能性が高くなりますので、こういった場合は注意が必要です。それゆえにこういった薬を服用している場合は万年茸の使用を控えるか、もしくはかかりつけの医師と相談することをお勧めします。

新着情報

◎2018/9/4

霊芝(れいし)サプリの使用期限
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

治療中に漢方を飲む
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「漢方 併用」
に関連するツイート
Twitter

漢方は天然物を原料にしているので、安全と思われがちですが、場合によっては薬の飲み合わせや相互作用に注意が必要です。 例えば、小柴胡湯という漢方は、インターフェロンという薬との併用が禁止されています。

漢方で胃もたれ。。 すぐ治す!に執着する 私の悪い癖😅 ピル飲んでるんだから 併用やめよう

返信先:@CoralOrieShiba1 そして、偏頭痛💦こちらはすっかり持病となってます。 漢方からペインクリニックから、終いには精神科までかかり、今は脳神経内科の頭痛外来で、薬に出会い生活のバランスが取れるように☺️ 予防薬にてんかんのお薬を使ってます。私は筋弛緩薬のエチゾラムも併用

Twitterキモノ学び舎 福梅@kimonomanabiya

返信 リツイート 8:34

返信先:@Hirotomato1 漢方薬飲んだから併用していいのか分からない(T_T)

返信先:@nanohanacr他1人 一度ナツメ社の漢方薬シリーズ色々あるので図書館で探してみてはいかがでしょうか?原材料さえ入手すればそれ程難しくありません。朝鮮人参はバカ高いので甘草等でも代用可です。正し、ステロイドや生物学的製剤、サルファ剤との併用はあり得ません。難しくないですよ。

月経困難症で低容量ピルの治療も失敗後漢方内科に通ってるが気分の落ち込みと希死念慮が半端なく最悪な時は真冬の海に飛び込んだ事もあるんで臓器取り出すかダメなら向精神薬併用で命の母ホワイトかと思って今朝から飲み出したら…あれ、怖いくらい気分上がるんだけど?ただ副作用の腹下りも凄いw

Twitterlica@新端末に慣れねぇべ@pectelis

返信 リツイート 昨日 17:15

返信先:@SYyTdfnQc0fIXN5 いえいえ 漢方も飲んでるので、実際プラセンタが効いてるのか分かりませんが😅 ニンニク💉と併用したら効いたという謎の友達もいます笑 こちらこそありがとうございました❤ 偶然にも買ってきた柿食べま~す笑

西洋医学の治療と漢方をうまく併用する、これが私の日常診療です。

今週沼津で①のお問い合わせがありました。西洋医学を基本にしながら、漢方の基本である食養生を中心に漢方併用するという姿勢でしたらお役に立てることはあるかもしれません。ただ、現実的にいい状態で生活していくには、西洋医学と東洋医学は五分五分の視点で考えた治療が望ましいと私は考えます。

持病があったり、けがをしているときでも治療に必要な服用している薬と一緒に併用できるのが漢方のよいところです。 もちろん飲み合わせは考えなければなりませんが、ダイエットを中止しなくてもすみます。