霊芝の情報が満載!

赤霊芝(れいし)と黒霊芝の違い

赤霊芝(れいし)と黒霊芝の違い れいしは、現在、わかっているだけで60種類もあります。
その中でも代表的な6種類が薬やサプリメントとして用いられているのですが、一般的にメジャーなのが「赤れいし」と「黒れいし」です。
「赤」は様々な地域に生息しているのが特徴です。
逆に「黒」は見た目の色が黒くて、中国でも限られた地域でしか生息していない貴重なものです。
二つの違いといえば、「黒」のほうが苦みが少なくて飲みやすいことと、「赤」のほうが「黒」よりも有効成分の多糖類を豊富に含んでいることです。
どちらも、血圧の安定、がんや生活習慣病の抑制や予防、免疫力のアップや便通の改善、神経機能を正常に保つ作用があります。
中国では、昔から健康維持のために摂取している人がいます。
最近では、日本でも「れいし」の様々な効能が注目されており、雑誌やテレビ、SNSなどの媒体で取り上げられることが多くなりました。
年を重ねても元気で健康であり続けたい人におすすめです。

黒霊芝(れいし)は赤霊芝に比べて貴重

黒霊芝(れいし)は赤霊芝に比べて貴重 中国では古来から、健康維持・健康管理に役立つものとして、霊芝(れいし)が使われてきました。
霊芝(れいし)には多くの種類があるため、それぞれの違いを理解しておくことが大切です。
健康を考える上では、どの種類の霊芝(れいし)も重要な役割を果たしているのですが、目的によって使い分けるようにすると効果を最大限に引き出すことができるようになります。
多くの種類といっても、全てを知っている必要はありませんが、重要な2つの種類については知っておくとよいです。
それは、黒と赤という2つの種類です。
2種類のうち、さまざまな研究が行われる際は、苦味が少ない黒が中心となっていました。
また、色が濃いところも特徴で、赤よりも貴重だと考えられてきたのです。
自生している地域が一部に限られているところも、貴重さを裏付けているといえます。
ただし、黒も赤も健康管理に役立つ霊芝(れいし)なので、赤だからあまり効果が期待できないというわけではありません。

新着情報

◎2019/3/8

れいしは副作用の心配はない
の情報を更新しました。

◎2019/1/15

霊芝にはさまざまな有用成分が豊富
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

煮出して煎じて飲むのがオススメ
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

霊芝(れいし)サプリの使用期限
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

治療中に漢方を飲む
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「漢方 違い」
に関連するツイート
Twitter

慢性疲労や、何となく体調が悪いとお悩みの方には漢方薬による治療をおすすめします。 病気の原因を一点集中で強力に治療する西洋医学とは違い漢方では体全体のバランスを調節しながら穏やかに治療をします。

病院に行った時、将来の事考えて強い服用薬飲まずに漢方を選択したけど、この選択が間違いだった。 強い薬でも服用してにきび治しておけば痕にはならなかったと後悔してる。 #ニキビ痕 #にきび #ニキビあるある #にきびなかったら人生変わってた

東洋医学は 漢方薬などの “身体の内の菌への対抗力を強める” 西洋医学は 抗生剤などの “身体の外から菌を潰して追い払う” といった違いがあるらしい。 使い分けるのも大事だと先生が仰っていたぞ。

末期癌や難病の時の保険適用と自費診療の漢方薬の違い 自費診療の漢方薬の非常に素晴らしいメリット youtube.com/user/soudando/… 私と村上信行医師との対談です。 #治る

Twitterパワフル薬剤師中尾@日本に元気を!@KANPOnakao

返信 リツイート 昨日 13:18

アメブロを更新しました。 『漢方の間違い探しと風邪の鼻づまり漢方#鼻づまり 【他画像1枚】 ameblo.jp/self-care-labo…

【ハーブと漢方違い】 フォローさせていただいた ハーブティいろはさんのブログで 興味深かったので リツイートしました🖥🌎 知らなかった! ハーブも漢方も奥深い✨

TwitterHatch🐻🐝育児してます(Sayuri Doi)@hatahatasayori

返信 リツイート 昨日 7:30

アメブロを更新しました。 『風邪と花粉症の薬の違いは、解熱剤が入ってるかどうか。』 #漢方 #小青竜湯 ameblo.jp/to-kill-galile…

ウエイ、お電話ありがとうございます。こちらうさぎ漢方極楽満月…え?チャーシュー麺と五目チャーハンがまだ来てない?早くしろって?いや待って、間違い電話…あ、切れちゃった…どうしよう

返信先:@love20Againasuk ほっときます。自分でどうにかする気もないから医者にも毎年花粉症の事言わないし なんか言ってる事の次元が桁違いで会話にならないし ステロイド使ってるから漢方飲ませるのリスキーだし

体の中で作用する部分として、それぞれ水分などと一緒に摂取することで効果があるのが漢方ですが、体の中では、とけて液状になっています。 液体などは、それぞれ旧習される場所が異なり、体を循環する時間が違い、効果を一定にしています。